織田信長

織田信長のプロフィール・性格は?
年表・名言・子孫などを紹介!

戦国時代三英雄の一人として知られ、『信長の野望』をはじめとする人気ゲームや数々の映画・ドラマ・小説の題材として扱われるほどの人気を持つ織田信長。なぜ、没後400年以上経っているにもかかわらず、これまで多くの人を惹きつけ続けているのでしょうか? そこで、この記事では織田信長の人物像や歴史・エピソードなどをわかりやすく紹介していきます。

この記事を読むことで、日本を代表する戦国武将、織田信長について詳しく知ることができるでしょう。

01. 織田信長のプロフィール・人物像

没後500年近く経過した今でも多くの人に愛されている織田信長とはどのような人物だったのでしょうか? まずは、織田信長の簡単なプロフィール・人物像を紹介します。

織田信秀の嫡男として誕生

織田信長は1534年6月23日(天文3年5月12日)、尾張国の武将・織田信秀とその継室であった土田御前の子として誕生しました。生誕の地としては、尾張国の那古野城(現在の名古屋城)という説が主流ですが、最近では勝幡城という説が研究者の間で有力となっています。誕生幼名は『吉法師』で、後に元服して『三郎信長』と名を改めるまでは通称の三郎を名乗っていました。

『尾張のうつけ』の異名が付いた理由は?

青年期の信長は、世間から『尾張のうつけ者』と呼ばれていました。『うつけ者』とは、奇妙な行動をする者という意味です。信長は、大名の後継ぎという身分でありながら不良仲間を引き連れて上半身裸のような格好で街を出歩いたり、街中で栗や餅を食べ歩いたり、当時としては考えられない行動を取っていました。こうした中で、うつけ者としての評判が決定的となったのが、父である織田信秀の葬儀でとった行動です。いつも通りのラフな格好で遅れて現れ、位牌の前に立つと焼香を位牌に向かって思いっきり投げつけると、そのまま帰ってしまったと言います。信長のうつけな行動は周りの家臣を呆れさせていましたが、現在ではこうした行動はすべて計算であったという説もあるようです。

身分よりも能力を重視!

信長は優秀な人材であれば身分を問わず家臣に登用していたことでも知られています。百姓の出であった豊臣秀吉や忍者出身の滝川一益の登用はあまりに有名でしょう。低い身分の出身であっても能力のある者に対しては重要な役割を与えるという能力重視の人事を行うことで自分の周囲に優秀な家臣を集めていったのです。

非情で残酷な一面も・・・

『鳴かぬなら殺してしまえホトトギス』という歌にあるように、信長は非情で残酷な一面を持っていたことでも知られています。それを最も象徴するエピソードが比叡山の焼き討ちです。当時、信長と敵対する浅井・朝倉両氏をかくまったことから、比叡山延暦寺を焼き討ちしたと言われています。このとき、老若男女問わず数千人を焼き殺したということです。こうしたことから、信長は仏教の敵を表す『第六天魔王』の異名を持つことになります。

実は人情家だった?

非情な性格というイメージの強い信長ですが、実は人情家という一面もあったようです。秀吉の妻が夫の女癖に悩んでいることを知った際、秀吉を呼び出して叱責し、妻に対しては「あなたは秀吉の妻にはもったいないほどの美人なのだから堂々としていなさい」と励ましの手紙を送ったといいます。敵に対しては容赦ない信長も、身内に対しては細やかな気配りを見せていたのです。

天下統一目前で本能寺の変により死去

織田信長が亡くなるきっかけとなった『本能寺の変』は史実上最大の謎と言われる一大事件です。本能寺に宿泊中、家臣であった明智光秀の謀反によって寝込みを包囲され、逃れられないと悟った信長は自ら火を放ち自害します。これによって、信長の天下統一は目前のところで夢に終わってしまうのです。明智光秀がなぜ反旗を翻したのかについては諸説あり、現在もはっきりとした理由はわかっていません。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所