真田幸村

大河ドラマで注目の真田幸村!
プロフィールや歴史・名言を紹介!

大阪の陣で活躍し「日本一の兵(つわもの)」と称された戦国武将、真田幸村。現在は大河ドラマでもその生涯が描かれており、最も注目を集めている歴史的人物と言っても過言ではありません。なぜ、本名の「真田信繁」ではなく、俗称の「幸村」として語られるようになったのか? その歴史や人物像・格言集などをご紹介します。戦国時代最後の戦いを飾った武将は果たしてどのような人物だったのでしょうか?

この記事を読むことで、真田幸村について詳しく知ることができます。

01. 真田幸村のプロフィール・人物像

真田幸村という名前は聞いたことがあっても、何をしたのか、 どのような人物だったかを説明できる人は少ないのではないでしょうか? ここでは、簡単なプロフィールと人物像をご紹介します。

次男でありながら名声を残した人物

真田幸村は、真田昌幸の次男として誕生しました。戦国時代では多くの武将が後世に名を残しており、その多くは長男です。家督を継ぐのは世襲制であり、よほどのことがない限りは長男に継承権がありました。実際、父の片腕として活躍していたのは兄の信幸であり、かなり能力の高い人物だったと言われているのです。真田幸村は、その信之が陰に隠れてしまうほどの名声の持ち主だったと言えます。

人質としての前半生

この時代、大名や武将の子どもがより強い勢力のもとに人質として送られるのはごく当たり前のことでした。真田昌幸は三大勢力の一つである上杉氏の保護を得るため、幸村を人質として越後に送ったのです。しかし、天下を制した豊臣秀吉に寝がえったため、豊臣のもとに人質を送る必要が生まれました。そこで、今度は越後から大阪に送られたのです。その後、幸村は豊臣家家臣である大谷吉継の娘と結婚しています。

幸村を伝説にしたのは「大阪夏の陣」

人質として地味な生活を強いられてきた幸村が伝説となったきっかけは、大阪夏の陣です。大阪夏の陣とは、徳川家が豊臣家を滅ぼすために行った戦のこと。幸村の奮闘ぶりはすさまじく、戦場に参加していた武将たちの間にすぐさまその名が知られるようになりました。やがて、軍記物や講談など庶民向けの物語でも取り上げられ、その名称ぶりが広がっていくことになったのです。

「幸村」の名前の由来は?

真田幸村の本名は「真田信繁」です。父である真田昌幸が、武田信玄の弟である武田信繁の名をもらい、命名されたと言われています。しかし、現在は「信繁」より「幸村」の名前の方がはるかに有名になっているのは言うまでもないでしょう。

「真田幸村」の名が定着した由来にはいくつか仮説があります。1つは、伊達(だて)網村の「村」や姉である村松殿の「村」に真田家の諱(いみな)である「幸」を組み合わせたという説。そして、もう1つは徳川家に仇(あだ)なす妖刀「村正」の名前をその由来にした説です。

物静かで心やさしく、カリスマ的な存在だった!

真田幸村と言うと、大阪の陣における家康陣への突撃が印象に強いと思います。そのため、勇猛な武将というイメージがある方が多いでしょう。しかし、本来の幸村は物静かで心やさしい性格の持ち主だったという説もあるのです。普段は穏やかでありながら、いざというときは武勇を発揮する。その性格が多くの人からの信頼を集め、カリスマ的な存在であったといいます。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所