坂本龍馬

坂本龍馬の魅力と暗殺の謎!
人物像やエピソード、妻や子孫は?

坂本龍馬と言えば、歴史に名を残す偉人の中でも人気の人物です。亡くなってから150年近く経った今でも、小説・漫画・ドラマなどの主人公として描かれ、日本の歴史に名を刻んだ人物として語り継がれています。暗殺され、わずか33年の生涯を閉じるまでに、坂本龍馬は一体どのような人生を送ってきたのでしょうか? この記事では、日本の政治を変えた坂本龍馬のプロフィールや人物像・エピソードなどをまとめてご紹介したいと思います。

この記事を読むことで、坂本龍馬が具体的に何をしたのか? どのような人物だったのか? 知ることができるでしょう。

01. 坂本龍馬の人物像・プロフィール

坂本龍馬のプロフィールや人物像をご紹介します。一体どのような人物だったのでしょうか。

比較的裕福だった幼少時代

坂本龍馬は、土佐藩の武士階級「郷士」という身分の家に生まれました。郷士とは、武士の中で低い身分にあたる下士の上から2番目の階級で、普段「里」に住んでいて武士の仕事だけでは暮らしていけない貧乏武士のことを指します。しかし、坂本家の本家はもともと豪商でした。坂本家が郷士となったのは、当時身分の売買が認められており、お金によって郷士の身分を手に入れたためだと考えられています。そのため、坂本龍馬は、下士とはいえ比較的裕福に成長することができたのです。

5人兄姉の末っ子として成長

坂本龍馬は、5人兄姉の末っ子として生まれました。龍馬とほかの兄姉は、三女を除いて年齢差が10歳以上だったと言います。ちなみに、龍馬が生まれたとき長男の権平は21歳でした。

子供時代は落ちこぼれだった?

子供のころの龍馬は気が弱く小心で、11歳になるまでおねしょをしていたと言います。12歳になった龍馬は「楠山塾」に通い始めますが、「出来が悪く落ちこぼれだった」という理由から間もなく退塾。しかし、14歳のときに通い始めた剣術道場では、朝から晩まで熱心にけいこに励んだと言います。

坂本龍馬の人生に多大な影響を与えた存在とは?

坂本龍馬の人生・人格形成において多大な影響を与えたのは、龍馬の父・坂本八平の後妻である伊興の実家「川島家」であると考えられています。川島家の当主である伊三郎は、「ヨーロッパ通」とあだ名が付くほどの外国通。龍馬は伊三郎から話を聞くうちに、外国へのあこがれを強めたと言います。

龍馬暗殺の真相は?

新政府の体制作りに奔走し、激動の時代を駆け抜けた坂本龍馬ですが、慶応3年11月15日、京都近江屋の2階で刺客に襲撃されてしまいます。これにより、わずか33歳という短い生涯を終えました。殺害理由や誰が計画したものかについては諸説あり、本当のところは未だにはっきりとは分かっていません。有力な説は以下の2つです。

新選組が実行犯だという説

刀術でも一流の腕前を持っていた坂本龍馬。その龍馬が相手に傷を与えることなく致命傷を受けたということからも、暗殺した犯人はかなり刀術に長けた人物であったことが伺えます。当時、これほどの腕前を持っている人物は「斉藤一」ぐらいだろうと考えられており、新撰組が実行犯という説が広まりました。

京都見廻組が犯人であるという説

現在、最も有力なのが、「京都見廻組」犯人説です。1870年、箱館戦争で降伏した見廻組隊士、今井信郎は、新撰組隊士の取り調べに対して「坂本と中岡の暗殺に関与した」と自白します。このことから、実行犯は「京都見廻組」で間違いないだろうと考えられるようになりました。しかし、誰の命令を受けて暗殺に及んだのかは未だに謎のままです。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所